*

「4番ファースト藪」

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 阪神タイガースあるある

「4番ファースト藪」

野村監督時代の2000年の話。4月上旬の時点で4番が定まらず、偵察メンバーとして「4番ファースト藪」がスタメンに名が連ねられた。結果的に4番にピッチャーの名前が入るという珍しい事態になる。
これも暗黒時代を象徴するエピソードの一つだと言える。

【阪神タイガースあるある】

関連記事

aruaru

未完の大器が結局未完のまま戦力外

未完の大器が結局未完のまま戦力外 これはどこの球団にもありがちだけど、近年タイガースで大器が育

記事を読む

aruaru

異様に盛り上がる人的補償

異様に盛り上がる人的補償 取る場合も取られる場合も異様な盛り上がりを見せる人的補償。取られて悔

記事を読む

aruaru

バースの再来

バースの再来 とにかく新外国人選手が左バッターで白人の場合はほとんどがバースの再来。今後右バッ

記事を読む

aruaru

30歳までは若手扱いという芸人的な序列

30歳までは若手扱いという芸人的な序列 関西ならではの共通認識 西岡選手は中堅 新井良太選手は

記事を読む

aruaru

ドラフト4位指名選手の安定感

90年の田村、92年の桧山、95年の川尻、98年の坪井、01年の赤星、02年の桜井、03年の桟原、0

記事を読む

aruaru

「猛虎!破竹の2連勝!」とデイリースポーツに書かれる

2014年のオープン戦の惨状を見る限り、またすぐに書かれそうな気が。 阪神タイガース広報紙であるデ

記事を読む

aruaru

先発投手は不足するが、中継ぎ投手はいつのまにかに出てくる

先発投手は不足するが、中継ぎ投手はいつのまにかに出てくる 慢性的に先発投手に苦労する阪神タイガ

記事を読む

aruaru

「先発 斎藤雅樹」で絶望

過去に阪神タイガースを得意にしていた投手として名前が挙がるのが巨人の斎藤雅樹。 対阪神戦の成績

記事を読む

aruaru

サイドスローに転向するも結果を残せず

元々速球派だった投手がコントロールをつけるためにサイドスローに転向することは良くある話。同時に球威も

記事を読む

aruaru

「死のロード」を迎えるだいぶ前に死んでいる

阪神甲子園球場では毎年8月に全国高等学校野球選手権大会が行われているため、長期遠征が行われています。

記事を読む

aruaru
ドラフト4位指名選手の安定感

90年の田村、92年の桧山、95年の川尻、98年の坪井、01年の赤星、

aruaru
追いつかない程度の反撃

先制される→追い上げる→そのままゲームセット。 または 先

aruaru
サイドスローに転向するも結果を残せず

元々速球派だった投手がコントロールをつけるためにサイドスローに転向する

aruaru
中込→湯舟→野田→猪俣→葛西

1991年この5投手で5試合連続完投勝利。 全てドラフト1位選手だっ

aruaru
「先発 斎藤雅樹」で絶望

過去に阪神タイガースを得意にしていた投手として名前が挙がるのが巨人の斎

→もっと見る

PAGE TOP ↑