*

ドラフト4位指名選手の安定感

公開日: : 阪神タイガースあるある

90年の田村、92年の桧山、95年の川尻、98年の坪井、01年の赤星、02年の桜井、03年の桟原、04年の橋本、05年の渡辺亮(大社)大和(高校生)、09年の西村憲、10年の秋山、そして2013年の梅野。
90年代以降を見てみても阪神タイガースのドラフト4位には有名選手が多く、活躍した選手が目立つため、出世枠とも言われています。
桟原、橋本、桜井選手あたりは実績面では乏しいかもしれませんが、印象に残る選手だったのは確か。今はとにかく梅野選手が大成することを願うのみです。

【阪神タイガースあるある】

関連記事

aruaru

30歳までは若手扱いという芸人的な序列

30歳までは若手扱いという芸人的な序列 関西ならではの共通認識 西岡選手は中堅 新井良太選手は

記事を読む

aruaru

「4番ファースト藪」

「4番ファースト藪」 野村監督時代の2000年の話。4月上旬の時点で4番が定まらず、偵察メンバ

記事を読む

aruaru

松永という名前に敏感

松永という名前に敏感 もちろん、松永浩美選手の影響。発表当時は悲喜交々だった野田浩司選手とのト

記事を読む

aruaru

異様に盛り上がる人的補償

異様に盛り上がる人的補償 取る場合も取られる場合も異様な盛り上がりを見せる人的補償。取られて悔

記事を読む

aruaru

六甲おろしの歌詞がうろ覚え

六甲おろしの歌詞がうろ覚え 阪神タイガースファンなら歌えると思ったら大間違い 【阪神タイ

記事を読む

aruaru

未完の大器が結局未完のまま戦力外

未完の大器が結局未完のまま戦力外 これはどこの球団にもありがちだけど、近年タイガースで大器が育

記事を読む

aruaru

先発投手は不足するが、中継ぎ投手はいつのまにかに出てくる

先発投手は不足するが、中継ぎ投手はいつのまにかに出てくる 慢性的に先発投手に苦労する阪神タイガ

記事を読む

aruaru

「明日も勝~つ!」はもちろん禁句だ

「明日も勝~つ!」はもちろん禁句だ 1999年。敬遠球をサヨナラ安打した新庄剛志がヒーローイン

記事を読む

aruaru

テレビ中継が始まったときには先発投手が既に降板

先発ピッチャーが乱調で3回までに降板すると、19時からの放送開始時点で中継ぎ投手が投げている羽目に。

記事を読む

aruaru

出血トレードで大量出血死

阪神タイガースの歴史上、最も有名な失敗トレードは松永浩美と野田浩司のトレードで、そのイメージが強いの

記事を読む

aruaru
ドラフト4位指名選手の安定感

90年の田村、92年の桧山、95年の川尻、98年の坪井、01年の赤星、

aruaru
追いつかない程度の反撃

先制される→追い上げる→そのままゲームセット。 または 先

aruaru
サイドスローに転向するも結果を残せず

元々速球派だった投手がコントロールをつけるためにサイドスローに転向する

aruaru
中込→湯舟→野田→猪俣→葛西

1991年この5投手で5試合連続完投勝利。 全てドラフト1位選手だっ

aruaru
「先発 斎藤雅樹」で絶望

過去に阪神タイガースを得意にしていた投手として名前が挙がるのが巨人の斎

→もっと見る

PAGE TOP ↑